オリックス銀行カードローンのデメリットは?

消費者金融に比べて、金利が安めで融資限度額が高めということから注目されている銀行カードローン。オリックス銀行カードローンはその中でも融資最高限度額が800万円と高く、さまざまな用途に利用できるということで人気のあるカードローンです。

 

ですがどんなカードローンでもメリットとデメリットを持ち合わせているのは当然。オリックス銀行カードローンのデメリットにはどんなものがあるのでしょうか?

オリックス銀行カードローンは借り入れ条件・審査が厳しい

まず1つ目のデメリットは、全体に審査が厳しいと言われている銀行系カードローンであるという点です。カードローンは銀行、消費者金融を問わず「安定した収入があること」のみを申し込み条件としていることがほとんどです。ですがなかなかアルバイトや、扶養対象を超えないように仕事をしているパートの主婦の方は安定収入とみなされるのかどうかは計りかねます。(学生は不可)

月収 年収
5万円 60万円
10万円 120万円
15万円 180万円
20万円 240万円

このようにアルバイト程度では毎月安定した収入のあることをクリアするのには厳しく、定職に就いていてもそれなりに年収がないと条件すら厳しいと言うことになります。また、もし年収条件をクリアしていたとしても他の業者に未返済の借入があると審査に通ることは難しいようです。

オリックス銀行カードローンは申込から即日利用が不可能

2つ目は即日利用ができないという点です。審査自体は最短即日で行なわれますが、利用はローンカードが自宅に送付されてからになり即日振込のサービスはない(※受付時間により、即日/当日振込ができる場合があります。)のです。

 

他のカードローン会社によくみられる「電話確認等による即日振込融資」が行なわれていないのです。そのため急にお金が必要になった時のヘルプ先として利用するのは難しいということになります。

オリックス銀行カードローンは借り入れ枠の低い額では有利な金利ではない

最後に金利です。オリックス銀行カードローンの金利は1.7%からとなっていて、数字だけみると銀行カードローンならではの低金利という印象ですが、1.7%が適用されるのは融資限度額が700万円から800万円の場合のみです。

 

もし限度額が100万円に満たなかった場合、適用される金利は12.0%から情勢によっては17.8%となっており、限度額が低めの方にとっては決して有利な金利ではありません。

 

以上オリックス銀行カードローンのデメリットについてみてきました。メリットとデメリットの両方を十分に考慮し、自分にあったカードローン選びをすることが上手なカードローン利用のコツです。

 

>>オリックス銀行カードローンの審査・評判はコチラ<<

フリーローン・カードローンの絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関