専業主婦でもフリーローンを利用できる?

 

専業主婦でもフリーローンを利用することはできるのでしょうか?


フリーローンを利用するための条件としては、

  • 毎月安定した収入を得ていること
  • 満20歳以上であること

が挙げられている場合がほとんどです。例えば消費者金融で融資を受ける場合というのは、総量規制の規定が適用されますので、この規定では

 

 

年収の3分の1までが融資を受けることができる(貸付できる)上限金額となっています。


そのため、年収が0円である専業主婦の場合は消費者金融で融資を受けることができる金額についても0円ということになりますので、

 

 

専業主婦は消費者金融等の貸金業者に申込む事は事実上不可能なのです。


総量規制対象外の銀行カードローンには専業主婦も申込めるものがある

 

消費者金融で借りれなければどこで借りればいいのよ!!


消費者金融のフリーローンがダメでも、総量規制対象外の銀行フリーローンなら専業主婦でも申込めます。消費者金融も配偶者に収入がある専業主婦に貸したいところですが、法律上無理なのでどうしようもないのです。

 

しかしどの銀行フリーローンでも専業主婦が申込めるわけではありません。銀行フリーローンの専業主婦に対する対処は三種類あります。

 

 

  • 専業主婦の申込を不可にしている銀行フリーローン
  • 専業主婦の申込は可能だが配偶者がしっかり審査されて旦那にバレてしまう銀行フリーローン
  • 専業主婦の申込可能で小額の借入枠にして電話連絡なし・収入証明なしで申込める銀行フリーローン

専業主婦がフリーローンに申込むなら最後の”専業主婦の申込可能で小額の借入枠にして電話連絡なし・収入証明なしで申込める銀行フリーローン”です。

 

賢い銀行は消費者金融が配偶者の与信があるのに専業主婦に貸しあぐねているところに付け込んで、しっかりリスクの少ない小額の借入枠を作って貸せるようにしているのです。もちろんこれは専業主婦の

 

 

旦那に内緒で申込みたいんだけどなぁ・・・


という需要を知っているのです。なので専業主婦用に借入枠を設けたフリーローンなら全てうまくいくのです。

専業主婦用に借入枠を設けたフリーローン
リザーブドプラン【スルガ銀行カードローン】

スルガ銀行

金利 年利 3.9%〜14.9%
限度額 最高 800万円

実際には専業主婦にとって利用価値のない配偶者貸付

尚、この総量規制には「配偶者貸付」という仕組みも盛り込まれており、消費者金融で融資を受ける場合であってもこの仕組みを利用すれば借入を利用できる可能性があります。これはその名の通り配偶者の収入をもとに融資を受けるというものですが、

 

 

配偶者貸付は利用できないのかなぁ?


実際の利用のためには配偶者との婚姻関係を証明するための書類や同意書が必要となります。必然的に手続きが煩雑になることから、

 

 

配偶者貸付を取扱う業者は少ないから現実的ではないよ。


いずれにしても、毎月の収入を安定して得ていない専業主婦の場合は消費者金融でフリーローンの利用ができないという事になります。但し、融資を行う基になる法律が異なる銀行カードローンであれば配偶者の収入をもとにして融資を受けられる可能性があります。

専業主婦は銀行のフリーローンを利用するのがベター

銀行ではもともと融資を行ううえで申し込んできた人の収入に関する「総量規制」のような規定はないため、収入を得ていない専業主婦であっても利用することができます。この場合は配偶者に安定した収入があることが条件となりますが、

 

 

銀行のフリーローンの場合、融資できる金額は多くなくてもご主人に内緒にできるメリットは大きいのでは・・・


それでも消費者金融に比べると専業主婦にとっては利用しやすいといえるかもしれません。

 

尚、この場合には何の目的で融資を受けたいのか、ということを明確にしておくことが大切です。銀行としても収入がない人に融資を行うことになることを考えると、利用する側も適切な目的で利用したいところです。