フリーローンの審査で低く評価されてしまう職業

世の中には様々な職業が存在しますが、職業によってはフリーローンの審査で低い評価がされてしまう人もいます。たとえば水商売や風俗店、パチンコ屋の店員などはフリーローンの審査では評価が低い職業とされています。

 

 

審査で職業が影響するってことあるのかなぁ・・・


勿論、「職業に貴賎なし」という言葉があるとおり、どのような職業であっても社会的にみると必要なものばかりです。

 

 

職業だけで判断される事はないけれど評価はされているはずよ!


しかし、ことフリーローンの審査という意味で考えると必ずしもその通りというわけではなく、融資を行うにあたっては結果として難しくなる可能性があります。

離職率の高さとは?

また、これらの職業に加えて外資系の企業に勤めるサラリーマンもフリーローンの審査では低い評価をくだされるケースがあります。これらの職業に共通することは何かといえば、ひとつは「離職率の高さ」にあります。

 

 

仕事もハードだし、そろそろ辞めようかなぁ・・・


水商売やパチンコ屋の店員などの場合は、仕事内容がハードであることから極めて離職率が高いことで知られています。

 

もちろんフリーローンに申し込んできた人の資質について考慮されないというわけではありませんが、フリーローンの融資を行う側からすれば、こうした背景があることについて判断基準として考えないわけにはいきません。

 

離職率が高いということは、融資を行った金額に対して返済されない可能性もそれだけ高いと判断されることになりますので、フリーローンの審査では評価が低くなります。では外資系のサラリーマンの場合はどうでしょうか?

 

 

外資系で収入も高いから買いたいものバンバン購入するぞぉ・・・


こちらについては仕事内容がハードというわけではありませんが、「外資系」ということでどうしてもクビになるリスクが通常のサラリーマンに比べると極めて高いということになります。もちろん収入の「金額」の面では申し分ないものがあるのですが、

 

 

急に解雇なんてどういうことだよぉ!


収入の安定性という意味ではやはり不安定だと判断されることがあるようです。フリーローンの融資を行う側にとっては、安定して返済をしてもらえるかどうかが重視されることになりますので、それに基づいて職業についても審査が行われています。