フリーローンはなぜ担保や保証人が不要で利用できる?

フリーローンは何故、担保や保証人が不要でも利用することができる理由のひとつに銀行カードローンにおいては保証会社というものが存在しています。本来ローンであれば、担保や保証人を必要とするケースが多いですが、

 

 

担保や保証人が不要なフリーローンって何か条件があるのかなぁ・・・


保証会社がその保証する形になる為、担保や保証人が不要でも利用可能となるのです。銀行のカードローンにおいては保証会社の保証を受けることができるということが融資においての一つの条件で同じグループの消費者金融が兼務しているケースが多いです。

 

 

保証会社の保証を受ける為には、どうすればいいのかなぁ・・・


というと、

 

 

特に手続きなどは必要ありません!


カードローンに申し込みをすることで、審査に通過した時点で自動的に保証会社の保証を受けることが可能となるのです。

保証会社の業務とは?

もしも、銀行カードローンの債権回収が不可能となってしまった場合には、この保証会社から保証してもらう形になるのです。この保証会社には消費者金融になっていることが多く、返済が滞ると返済の催促は保証会社から行う事になります。

 

 

審査に必要な信用情報の調査はどこがしているの?


また、カードローンを申込みするにあたり、審査が必要となりキャッシングが可能となる為には先ずは審査に通らなければなりません。その審査の過程において信用情報が必要となるのですが、これは信用情報機関において照会できるのですが、

 

 

その調査も保証会社が行っています!


信用情報機関では、その申込んできた人が今まで他社でキャッシングをした経歴があるかどうかということや延滞がないかどうかということなど、ブラックリストではないかどうかという信用情報が記載されているということです。

 

即ち、その記録などを調査し、その人がキャッシングをすることができるのかどうか、判断をする役割を保証会社である消費者金融が担っている事になります。リスクの高い申込者に対しては審査の時点で排除されるということになり、キャッシングの利用が不可能となるのです。このリスクの高い申込者を排除することで担保や保証人不要のカードローンでも融資が可能となるのです。

 

フリーローン・カードローンの絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関