フリーローンの審査に通らない利用目的

フリーローンといえばその名の通りどんな利用方法であっても問題ないという性質をもっています。使用目的は自由という点で考えると利用者にとってはメリットが大きいのですが、本当にどんな目的であっても問題ないのかといえば必ずしもそうではありません。

 

 

利用目的で不利になることってあるのかなぁ・・・


フリーローンの審査において評価が下がる使用目的というものは少なからず存在するものであり、たとえばギャンブル目的の利用はそのひとつです。いわゆるパチンコなどのギャンブルへの投資目的でフリーローンを申し込んだ場合というのは、

 

 

不利にとられる利用目的はあるはずだよ!


それだけで審査の評価が厳しくなる使用目的となっています。たとえばパチンコに使うのでお金を貸してほしいと知人に尋ねられた際に、そのまますぐにお金を貸すことはできるでしょうか。

利用目的の追跡調査をされないのが利用目的のネック

よほどお金に余っているような人でなければそんなことはできないでしょう。パチンコで使うということは返ってくる可能性が低いということなので、それと同じ判断をフリーローンの審査でも行われるということです。

 

 

利用目的まで調査されるってことか・・・


旅行に行く、欲しいものを買うといった趣味や遊興費目的でフリーローンを利用する場合と異なり、ギャンブルの場合は根本的に性質が異なりますのでフリーローン業者側にとっても審査では慎重な判断となります。

 

 

そこまではしないけど本当に利用目的がギャンブルなら自分自身でセーブすることをしないと後で大変なことになるかもしれないよ!


もちろんフリーローンの審査において、使用目的についてあれこれ尋ねられることはありませんし、融資を受けた後にどんな目的で使っているのかといった追跡調査をされるといったことは無いでしょう。

利用目的によって返済が苦しくなることは認識しなければならない

そのため、この点については必ずしも事実でなくても調べる手段がないということになります。旅行目的でフリーローンを利用すると言いつつ実際はパチンコで使ったとしても、そこまでの調査は行われないのが現状です。

 

 

但し、その後の返済に窮するのは目に見えていることです。


お金がなければ当然ながら返済が難しくなるものであり、ギャンブルで使うということはお金をそのままなくしてしまうということと同じなので、結果的に自分自身が困ることになってしまいます。

 

フリーローン・カードローンの絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関