少額の融資でも審査が必要な理由

フリーローンを利用するためには必ず審査を受ける必要があります。この審査はどんなケースであっても申し込んできた人の返済能力を確認するという意味でも必須のものとなっています。では、もしも

 

 

フリーローンで少額の融資を受ける場合も審査は必要なのでしょうか?


フリーローンで利用可能な金額として、その業者で借りることができる限度額というものが設定されています。それとは逆に最低融資額というものもあり、これはその名の通り融資を行うことができる最低の金額を設定したものです。

 

 

10,000円の希望でも審査はあるのかなぁ・・・


利用可能な限度額や最低融資額についてはフリーローン業者によって異なりますが、最低融資額として10,000円という少額の融資も可能なところがあります。10,000円という金額は、フリーローンで利用する金額としてはかなり少額であり、

 

 

返済をする際にもそれほど難しくない金額だけど・・・


では10,000円の融資の場合に果たして審査はないのか、といえば、もちろん審査は行われますので、審査の結果融資不可と判断されれば10,000円であっても融資を受けることはできないのです。

少額希望であっても信用力が必要

なぜ少額の融資であっても審査が必要なのか、ということですが、根本的な問題としてフリーローン業者にとっては申し込んできた人の信用がないためです。いわば今日初めて会ったような人にいきなり10,000円貸してくださいといわれるようなものであり、

 

 

知らない相手に貸すと考えれば審査はあって当然かぁ・・・


たとえ10,000円であっても返済される見込みがなければお金を貸すようなことはできないのです。ここでいう、

 

 

返済される見込みを確実なものとする為に審査があります。


また、フリーローン業者にとっては10,000円の融資といえど利息が発生します。利息を決めるのはフリーローン業者によって異なる金利によって計算されますが、どの利率を適用するかという点も審査によって判断されます。

 

少額の融資だから金利は高めにしておく、あるいは金額が少ないので逆に低金利でも問題ないなど様々な判断材料があるのです。これが少額の融資であっも審査が必要な理由です。