ブラックでも審査に通るための対処法

フリーローンをはじめとする各種キャッシングの審査ではブラックリストという言葉がよく出てきます。これは過去のキャッシングの利用において何らかの問題があった場合にそのリストに登録される、という意味ですが

 

 

実際にはそんな名前のリストが存在するわけではありません。


とはいえ、過去のキャッシングの利用において問題があったことは事実なので、フリーローンの審査でも評価は低くなってしまいます。いわゆるブラックと呼ばれる状態ですが、この状態にも実に様々な種類があります。

様々なブラックと呼ばれる状態

 

  • 返済しなければならない日に返済をせずに延滞を繰り返す
  • 短期間に複数の業者にキャッシングの申込をする
  • 自己破産や任意整理などをする

といったケースもブラックといえます。こうした経歴の人はフリーローンの審査ではかなり不利な材料であるといえますので、そのまま申し込んだとしてもまず審査には通らないでしょう。

 

 

ブラック状態の人は二度と利用できないのかなぁ・・・


その為、ブラックになってしまっているのであればまずはその原因を取り除くということが重要となってきます。

各ブラック状態の対処法は?

既に複数の業者に申し込んでいる申込ブラックの場合は?

 

半年ほど時間を空けてから再度申し込むという方法がやはり理想的です。


どうしてもすぐにお金が必要という事であれば事前に自身の状況についてしっかりと説明し相談するというのもひとつの方法です。

過去に返済が延滞したことがある延滞ブラックの場合は?

 

まずは延滞を解消することが必要です。


以前は延滞していたかもしれないが、現在は順調に返済できていることがアピールできれば審査でも有利に働く可能性があります。

自己破産などの事故ブラックの場合は?

 

さすがにフリーローンの審査における即効性の対処法はありません。


その為、少なくとも信用情報が更新されるまでは時間を空けてから申し込む方が良いでしょう。いずれにしても、ブラックであるという状態は信用回復が第一です。フリーローンの審査でも決して焦ることなく時期を待ちましょう。

 

フリーローン・カードローンの絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関