フリーローンで2社同時に申し込んだ場合

フリーローンでお金を借りるためには審査を受ける必要がありますが、審査の結果融資を受けることができないという結果に終わってしまう可能性もあります。そこで、審査に通らなかったことを考慮し

 

 

2社同時に申し込むといった方法を選ぶ人もいます。


フリーローンを申し込むということは、お金が必要ということでもありますので、できるだけ確実に融資を受けることができる方法を選びたいものです。その為、審査に通らなかったことを考えて2社同時に申し込むといったことをする人もいますが、

 

 

この方法でフリーローンの審査に通る可能性はどの程度高くなるのでしょうか?


実際のところ、全く同じ日にフリーローンを申し込んだ場合、審査に通るかどうかについてはその人の状況によって異なります。

2社同時に申し込んだ場合の審査判断は?

例えば1社目でフリーローンの審査に通ることができる人であれば、2社目でも特に問題なく通る可能性は高いといえます。フリーローンの審査では申し込んできた人の返済能力を確認しますので、1社目で問題ないと判断されたということであれば、

 

 

  • 現在の年収
  • 過去の借入状況

など、融資を行ううえで特に問題はない判断されたということだからです。但し、これはあくまでも融資に問題がない人の場合です。しかし、1社目で審査に通らなかった場合は2社目に申し込んだとしても審査に通る可能性は殆どないといってよいでしょう。

審査に重要な個人情報の登録

フリーローンの審査に利用される個人信用情報機関の情報は審査に申込んだタイミングでリアルタイムに更新される為、審査に通らなかったという情報が登録されればその情報は2社目の業者にも確認される事になります。1社目の審査に通らなかったという事は、

 

 

何らかの不備が申し込んだ人にあったということ


なので、そのような状態では2社目の審査にも通る可能性はかなり低くなります。いずれにしても、同じ日に2社続けてフリーローンの融資を申し込むという方法は確実性という意味ではあまりおすすめできる方法ではないといえるでしょう。

 

フリーローン・カードローンの絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関