審査に影響するブラックリストの正体

フリーローンでお金を借りた場合、その後は必ず返済をしなければなりませんが、その返済で滞納などがあればブラックリストに登録されてしまう、そんなイメージがあるのではないでしょうか。

 

 

ブラックリストに登録されるって・・・


このブラックリストは、何もフリーローンの返済に限ったことではなくクレジットカードの利用など社会的な信用にも大きく影響するといわれており、より良好な利用実績を築くことが重要となってきます。

ブラックリストとは事故情報の履歴データ

フリーローンの審査においても、こうした利用実績というのは大きく影響するものとなっており、ブラックリストに登録されてしまうと審査でも評価が低くなってしまうといわれています。ではこのブラックリストとは何かということですが、

 

 

実際にはそんな名前のリストが存在するわけではありません。


もちろん黒いカバーにかけられたリストがそれぞれのフリーローン業者に出回っているなどということもないのです。

 

 

情報はどこで管理されているのかなぁ・・・


しかし、ブラックリストというものが存在しないからといって、返済に滞納した情報などはどこにも登録されていないのかといえば決してそうではなく、個人信用情報機関に事故情報として登録されています。

個人情報の照会について

つまり、フリーローンの審査などで不利になるとされるブラックリストの正体とは、こうした事故情報の履歴データといえます。ちなみに、こうしたデータベースは当然ながら個人情報ですので厳重に管理されており、

 

 

閲覧することができるのは本人とフリーローンの業者など社会的信用で審査を行う業者のみです。


勿論、フリーローン業者といえども勝手に個人情報を見ることはできないので、申込時に信用情報を確認することについて同意を得て初めて閲覧することができます。また、事故情報の履歴データが登録されているからといってこうした情報が

 

 

職場や近所まで共有されるということはありません


ので日常生活を送るうえでは特に支障はありません。但し、こうした情報が残っている間はフリーローンの審査では評価が低くなってしまいます。

 

フリーローン・カードローンの絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関