希望金額よりも限度額が高くなる場合

フリーローンの審査では、融資可能な金額が決定されますが、この場合自身が希望する金額よりも多い金額の融資を受けることができる場合があります。審査で決まる融資可能な金額のことを限度額といいますが、この限度額については申し込んできた人の

 

 

  • 年収や職業
  • 既存の借入の有無

など様々な情報をもとに決定されます。そのため、限度額は人によってまちまちであり、中には申し込んだ金額よりも少なくなるケースもあります。そんなフリーローンの限度額ですが、考え方としては必ずしもそこまでの金額の借入を受ける必要はありません。

限度額いっぱいまで借りる必要のない理由

あくまでもこの限度額とは、最大で利用することができる金額を設定しているだけであり、

 

 

「その範囲内であればお金を借りることができますよ」という意味です。


従って、融資を希望した金額よりも多い金額が限度額として設定された場合に浪費し易い性格であるなら必要な金額のみ利用して後は使わないといった選択のほうが賢明かもしれません。

 

 

必要以上の限度額を設定されると直ぐに甘えてしまいそうだなぁ・・・


フリーローンに申し込んだ金額が10万円だったものの、実際には20万円融資を受けることができた、こんなことは実際にあるかどうかということですが、融資を申し込んできた人の実績が優秀であれば考えられるケースといえます。

希望融資額よりも多い融資限度額を設定されるケースについて

例えば、過去にカードローンの利用はないが既にクレジットカード等を持っていて

 

 

  • 一度も支払いに遅れたことがない
  • 勤務先への勤続年数が長い人

などはフリーローンの審査でも評価が高くなります。勿論、フリーローンの審査の結果、融資可能な金額については意思確認の連絡時に伝えられますので、その金額で良いかどうかはその際に自身で判断することもできます。

 

 

借りれる金額に余裕があるほうがいいのかも・・・


現状では10万円しか必要ないものの、もしかすると今後別に費用が必要となるシーンがあるかもしれないということであれば多めの限度額で借入を受けるというのもひとつの方法です。希望の金額よりも高い金額を借りることができるというのは、

 

 

万が一に備えておきたいなら希望金額よりも高い金額で設定しておくべきです。


それだけ審査でも評価してもらえたということなので、その点は安心して良いでしょう。

 

フリーローン・カードローンの絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関