フリーローン審査で重視される勤続期間

無職の人がフリーローンの審査に申し込んだとしても、まず審査に通ることは不可能でしょう。フリーローンを利用する場合というのはその後必ず返済をしなければなりませんので、安定した収入を得ていない人に対しては融資はできないからです。

 

 

働いていれば貸してもらえるのかなぁ・・・


そのため、無職の人がフリーローンの融資を受けるためにはまずは仕事を探して無職ではない状態にすることが大切です。では仕事をしていればそれで良いのかといえば必ずしもそうとは言い切れません。

 

 

フリーローンの審査では収入の安定性が重視されます


がそれを確認するひとつの判断材料となるのが勤続期間です。仕事に就いて間もない頃というのは、まだ試用期間中であり再び無職の状態に戻ってしまう可能性が高いため、収入が安定しているとはいえない要素があります。

最低限必要な勤続期間とは?

そのため、新しい仕事を始めたばかりの頃はフリーローンの審査では評価が低くなってしまいます。

 

仕事をしているということで無職ではない状態ではありますが、その収入の安定性については不安要素が多いため実質的には無職とそれほど評価は変わらないと考えておいた方が良いでしょう。

 

 

どの程度の勤続期間があれば・・・


フリーローンの審査では評価が上がるのかといえば、ここでは

 

 

最低でも半年以上は同じ勤務先で働いたという実績が欲しいところです。


同じ職場での勤続期間の評価について

同じ勤務先に対する勤続期間というのは少しでも長くなるほうがフリーローンの審査では収入が安定していると判断してもらうことができます。また、フリーローンの審査で重視される信用度という面でも評価が高くなりますので、

 

 

できるだけ同じ勤務先で長く働いておいたほうが審査では有利です。


勿論、仕事が変わったばかりの段階では収入の金額についても決して多くはない場合が殆どです。その為、勤続期間が半年や一年の状態でフリーローンに申し込む場合にはあまり高い金額で融資を申込まないようにするという点にも気をつけたいところです。

 

フリーローン・カードローンの絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関