審査がすぐ終わる場合と長引く場合

フリーローンの審査に必要な時間は実際に申し込んだ業者によって異なりますが、申し込んだ人の状況によって時間に違いが出てくることもあります。そのため、審査に必要な時間についてもいわゆる

 

 

最短で終わるケースもいれば長引いてしまうといったケースもあります。


例えば、最短で審査が完了する場合ですが、この場合は申し込んできた人に何ら問題がないケースです。

審査が最短で完了するケースの条件

つまり、フリーローンで融資を行うにあたって全く異議がないという場合であり、勤務先への在籍確認や身分証明書による本人確認など確認項目もスムーズに進めることができた人が該当します。このほか、

 

 

  • 毎月の収入が安定している人
  • 他社からの借入がない或は既存の借入について全く返済状況に問題がないといった人

もフリーローンの審査はすぐに終わります。また、逆に

 

 

  • 明らかにフリーローンでお金を借りることができないと判断された人

も審査時間が最短で完了する人です。毎月安定した収入を得ていなかったり、既に限度額いっぱいまでお金を借りている人などは融資はできないと判断されますので、こうした人は早い段階で融資不可という結果となります。

審査時間が長引くケースの状況とは?

フリーローンの審査で時間がかかるケースとなるのが、融資ができるかどうか微妙な場合です。中でも融資を行う金額については慎重に判断されることが多く、例えば本人の収入や職業などから

 

 

  • 50万円までは融資可能ですが80万円の融資を希望している場合

などは審査でも様々な確認が行われます。

 

 

  • 申し込んだ内容に不備がある場合

も確認に時間がかかるため審査の時間が長引く要因となります。職業や収入の金額など、申込時に登録しなければならない情報には様々なものがありますが、登録した情報に対して微妙な間違いがあった場合にはその情報との整合性をとる必要が出てきます。

 

その結果、審査で確認しなければならない項目が増えてフリーローンの融資の実行までに時間がかかるという事に繋がるのです。