担保や保証人がいればフリーローンの審査に通りやすくなる?

フリーローンというものは、基本的に安定した収入があれば誰でも手軽に申し込むことができるものであり、その利用目的というものも自由というのが特徴です。但し、実際にお金を借りるためには審査に通過しなければならず、場合によっては

 

 

審査に通らないといった結果になる人もいます。


では、審査に通るための方法として担保や保証人を用意した場合、それはフリーローンの審査では有効なのでしょうか。結論からいくと、この場合も審査には通ることはできません。その理由は、フリーローンの審査というものがあくまでも

 

 

本人の信用情報をもとにして融資を行っているからです。


担保や保証人を必要としないフリーローンの本来の目的

フリーローンの審査がもともと担保や保証人が不要で融資ができるのは、手軽に申し込むことが可能なフリーローンとしての特徴を重視しているというだけでなく、審査の手続きを簡略化できるという側面もあります。

 

 

担保や保証人が何故プラス材料にならないの?


確かに担保や保証人を用意してもらうことができれば、融資を行う側からすれば少しでも返済されないというリスクを軽減することができます。但し、その反面審査においては本人のみならず、その担保や保証人についても確認を行い、

 

 

それだけの価値があるかどうかを判断しなければならない必要がでてきます。


フリーローンを利用するニーズについて

フリーローンを利用したいと考える人のニーズには、できるだけ早くお金を借りたいというものもありますが、もしも担保や保証人を用意するとなればそれだけ審査に時間がかかることになってしまいます。

 

 

お金を借りたいけど面倒な手続きや審査に日時を要するのはなぁ・・・


その為、フリーローンの審査においては担保や保証人を用意することなく、本人の信用情報というできるだけシンプルな条件で融資可能かどうかを判断しているのです。もしもフリーローンの審査に通らなかったとすれば、

 

 

担保や保証人が不要である条件のニーズが高いのです。


それは申し込んできた人そのものに何らかの問題があったためです。本人の信用情報で融資可能かどうかを判断するフリーローンの審査においては担保や保証人を用意して申し込んだとしても、審査に通ることができる可能性は何ら変わりはないといえます。