フリーローンで借りることができる金額はいくらまで?

フリーローンを利用するにあたり、

 

 

「いくらまで借りることができるか?」


というのは多くの人が気になるところでしょう。とはいえフリーローンと一言でいっても実際に融資を行うところによって様々なものがあります。そのため、融資を受けることができる金額についてもそれぞれの業者ごとに異なります。

消費者金融のフリーローンではどうか?

最も代表的なフリーローン業者といえるのが消費者金融です。この消費者金融で融資を受ける場合には、使用目的が自由なフリーローンであれば

 

 

総量規制の規定が適用されますので、年収の3分の1が上限となります。


たとえば年収が300万円の人であれば消費者金融から借入を受けることができる金額は最大で100万円まで、という計算です。

なお、この「100万円」という上限はひとつの消費者金融業者から借入可能な上限金額ではなく、「消費者金融業者全体」から借り入れることができる金額です。

 

そのため、既にどこか別の消費者金融業者を利用して50万円融資を受けているということであれば、

 

 

別の消費者金融業者から融資を受けることが可能な金額は最大で50万円まで、ということになります。


銀行のフリーローンではどうか?

年収によって融資を受けられる金額が左右されるのは消費者金融の特徴ではありますが、銀行でフリーローンを利用する場合はどうでしょうか。総量規制は貸金業法という法律に基づいた規定ですが、

 

 

銀行法という法律に基づいて融資を行う銀行の場合は総量規制の規定は適用されません


そのため、銀行のフリーローンであれば年収の3分の1を超えて借入を行うことは法律上は可能です。では具体的にどのぐらいまで借りることができるのか、ということについては融資を申し込んだ人の状況によって異なります。

 

たとえばその銀行の口座を持っていない、取引も初めてということであれば他社からの借入がなかったとしてもそれほど多くの金額を借りることはできないでしょう。銀行からお金を借りる場合は、いかにその銀行から信用されているか(与信が高いか)、という点によって決まります。

総量規制の対象外の銀行では年収の3分の1を超えて借入を行うことは法律上は可能だが、低金利で薄利の銀行はそう簡単に高額を貸すことは考えられない