フリーローン審査で重視される過去の実績

フリーローンを申し込んだ場合、審査を受ける必要がありますが、この審査では何が確認されているのでしょうか。審査で必要なものといえば身分証明書が必須ですが、これは本人確認用の書類として用意しなければなりません。

 

但し、本人であることかどうかが確認できただけでフリーローンの利用ができるというわけではなく、むしろこれは審査における基本ともいうべき部分です。次に確認されるのが、申し込んできた人がどのような経歴の持ち主なのかという点です。

審査で照会される情報とは?

ここからは個人信用情報機関に情報を問い合わせて

 

 

  • 既存の借入の有無
  • 過去の返済状況

などを確認されることになりますが、ある意味ここでの確認がフリーローンの審査での本番ともいえます。もしも現在どこからも融資を受けていない、ということであれば

 

 

  • クレジットカード
  • 携帯電話

の支払い状況があるかどうかの確認が行われ、特に延滞などがなければここでの確認は終了です。

利用実績がない場合の評価は?

どこからも融資を受けていない、あるいはクレジットカードや携帯電話を持っていないという場合には過去に何らかの金融事故があってカードを発行することができなかった可能性があります。

 

 

過去に金融事故を起こした人に対しては・・・


フリーローンの審査でも慎重な対応をとらざるをえないため、審査に必要な時間が長くなったり、あるいは

 

 

審査に通らなかったりといった結果になる可能性もあります。


今回申し込んだフリーローンの他にどこか別の業者から借入を受けている場合には、その分に対しての返済状況を確認されることになり、ここでもしも延滞などがあれば審査でも評価は低くなってしまいます。

 

 

逆に返済状況が順調に推移しているということであれば・・・


フリーローンの審査では過去にも実績があると判断することができますので、

 

 

審査における評価も高くなっていきます。


フリーローンの融資ができるかどうかということについてはほぼこの段階で決まるといっても良いほどなので、申し込む際には過去の情報を改めて観直してみると良いかもしれません。