フリーローン審査で必要な書類

フリーローンは基本的には融資を受けたお金の使用目的は自由となっています。その為、フリーローンでお金を借りるために必要な書類としても身分証明書だけで融資を受けることができる場合がほとんどです。銀行などで借りることができるローン商品については

 

 

  • 住宅ローン
  • 教育ローン

などのように様々なものがあり、これらのローン商品の場合は基本的に融資を受ける目的が決められています。

フリーローンの必要書類が少なくてすむ理由

こうした目的が限定されたローンの場合はお金を借りる目的を証明する書類を用意しなければなりませんが、フリーローンの場合は自由に利用することができますので書類も少なくて済むのです。身分証明書については

 

 

  • 運転免許証や健康保険証
  • パスポート

などであれば特に間違いはないでしょう。フリーローンの審査では信用度が高いことが望ましいので、スムーズに審査を進めるということを考えると写真や住所がすぐに確認できる運転免許証が望ましいといえます。

 

 

どの証明書がいいかなぁ・・・


身分証明書は写真が載っていればそれで良いというわけではなく、住所なども併せて確認できることが条件であるため、その意味でも

 

 

運転免許証は最適な身分証明書といえます。


何らかの勤務先に勤めていて、毎月安定した収入を得ている人であればこれらの書類のうちいずれかの身分証明書は持っていると思いますので書類の内容については特に気にする必要はないでしょう。

フリーローンで収入証明書が必要なケースとは?

フリーローンの審査では融資を申し込む金額によっては身分証明書に加えて収入証明書を用意する必要があります。この収入証明書は、自身の得ている収入の金額を証明する公的な書類であり、例えば

 

 

  • 源泉徴収票や給与明細
  • 給与支払報告書

などがそれにあたります。給与明細や支払報告書は勤務先から発行してもらうものであり、場合によっては勤務先に相談しなければならないものである為、この中では源泉徴収票が用意しやすい書類と思われます。

 

フリーローンの審査では業者によって必要な書類が異なるケースがありますので、事前にしっかりと確認したいところです。