フリーローンの審査で不利になるブラックとは?

フリーローンの審査においてのブラックとは?

フリーローンの審査の目的とは、その人に融資を行って無事に返済されるかどうかを判断することにあります。返済されない可能性が高い人に対しては当然ながら融資は行われないのですが、フリーローンの審査では返済能力を判断するための方法のひとつとして、

 

 

申し込んできた人の過去の経歴を確認するといったものがあります。


その結果、過去に滞納があった場合や、返済できなかった経歴、債務整理などがあった場合には審査ではかなり不利になりますが、こうした経歴のある人のことをブラックと一般的には定義されています。

ブラックはどこで管理されている?

フリーローンの審査に限らず、ブラックリストとよばれるものは名前を聞いたことはあるかもしれません。実際にはそういう名前の一覧表がフリーローン業界で出回っているというわけではなく、フリーローンの審査の際に参照される個人信用情報で判断されるということになります。

 

フリーローンの審査では申し込んできた人の過去の経歴を判断するための材料として個人信用情報機関に登録されている情報を確認しています。

三大信用情報機関
株式会社日本信用情報機構(JICC) 主に貸金業・クレジット事業・リース事業・保証事業・金融機関事業など
株式会社シー・アイ・シー(CIC) 主に割賦販売などのクレジット事業
全国銀行個人信用情報センター(KSC) 銀行のローンやクレジットカードなど
相互照会システム
CRIN(Credit Information Network) KSC・JICC・CICの情報を相互に共有するシステム
FINE(Financial Information Network) CICとJICCの相互交流によりCIC加盟貸金業者に情報提供するシステム

ここには、過去のカードローンの返済状況をはじめクレジットカードの利用状況など様々な情報が登録されている他、債務整理の情報なども確認できますので、この情報を参照することでその人がどのような経歴の持ち主なのかを調べることができます。

 

つまり、ブラックというのは個人信用情報機関に登録されている情報を確認した結果であり、ブラックリストという名前の一覧表こそ存在しないものの、フリーローンの審査においては申し込んできた人の情報は共有されているといえるでしょう。

 

更には総量規制の施行により、貸金業者の借入残高の把握が義務付けられた為、信用情報機関同士の相互交流も実施されていますので、貸金業者の借入残高に関しては完全に把握する事ができるようになっています。

どのような感じでブラックになるの?

個人信用情報機関には、カードローンの利用状況をはじめ様々な情報が登録されています。もちろん中にはカードローンやクレジットカードの利用状況として全く問題のないケースもありますが、

 

 

滞納などがあった場合にはそうした情報も信用情報として登録されます。


個人信用情報機関には毎月の返済状況が登録されていきますので、滞納した月が増えてくるとこうした情報も登録されることになります。基本的には

 

 

2ヶ月以上続けて滞納があると意図的な滞納と判断


されてしまい、この状態が長期にわたって続くとブラックという扱いになります。

申込ブラックとは?

フリーローンの審査において審査に通らない要因となるのが申し込みブラックです。この状態は、短期間に複数の業者にカードローンの申し込みを繰り返している場合に起こりやすい状態であり、フリーローンの審査ではマイナス材料として判断されてしまいます。個人信用情報機関では、

 

 

カードローン業者にいつ申し込んだか?


といった情報も登録されますので、短い期間にカードローンへの申し込みを何度も行っている場合にはそれだけフリーローンの審査に通る可能性が低くなると考えておいたほうが良いかもしれません。

ブラックでも借りれるのか?

基本的にはブラックになった状態でフリーローンの融資を受けることができるかどうかというのはかなり難しい状態といえます。ブラックであるということは、過去に何らかの問題があったということであり、フリーローンの審査とはこうした過去の経歴を確認して返済能力に問題がないかということも含めて判断していくものだからです。

 

そのため、過去の経歴に問題があってブラックと判断されてしまっている場合には

 

 

個人信用情報機関に登録された情報が更新されるまで時間を空けるという方法が一般的です。


中にはいわゆるブラックと呼ばれる状態になったとしても、お金を借りることができたというケースもありますので、実際に申し込んでみなければ判断できない可能性もあります。

 

編集者の職場でも自己破産後に、8年ほどの勤務実績を経て住宅ローンを組んだ実例もあります。もちろんそろそろ頃合か?というような具合ではなく、申込んでみて通るか通らないかという具合にはなります。ただ住宅ローンの場合は、借りる銀行側に一度打診できたりもするのでフr−ローンやカードローンとは審査の質が異なる事も確かです。

 

いずれにしても、ブラックという状態がフリーローンの審査において不利な状態であることは事実のため、融資の申し込みについては慎重に対応する必要があるといえるでしょう。