カードローンとフリーローンの違い

カードローンとフリーローン、いずれも名前が似ていますが

 

 

決して同じものではありません。


一般的にカードローンといえば、多くの人がプロミスやアコムといった消費者金融を思い浮かべるのではないでしょうか。また、フリーローンについても同じく消費者金融をイメージされる人が多いかもしれません。ここでいう「フリーローン」とは

 

 

  • ローンの種類
  • ローンの商品名

以上の二つの場合に分けられます。

ローンの種類としてのフリーローン

「ローンの種類」としてのフリーローンの場合、意味としては「使用目的がフリー(自由)」であるものとして扱われる場合であり、その意味では消費者金融や銀行のカードローンも「フリーローン」の一種として考えることができます。

 

そのため、「ローンの種類」としてはカードローンもフリーローンも同じ意味であると考えることができます。

ローンの商品名としてのフリーローン

では「ローンの商品名」として「フリーローン」というものが使われている場合ですが、この場合は少し違いがあります。最大の違いは

 

 

「再利用が可能」かどうか?


という点です。消費者金融で10万円の融資を受けた場合、その10万円の範囲内でくり返し利用することができます。

たとえば10万円のうち5万円を返済すると、返済した5万円を再び借り入れることができるようになるのがカードローンですが、フリーローンの場合はそうではなくくり返し利用することができない、という場合がほとんどです。

最初に契約した金額だけで足りないということであれば、フリーローンの場合は追加融資を受けることになり、その場合は再審査を受ける必要があります。そのため、ここの部分だけ見るとやはり

 

 

カードローンの方がフリーローンに比べて利便性は高いといえます。


融資を受けた借入金についての使用目的についてはいずれも自由ではありますが、フリーローンという商品については上記のような性質を持っている関係から何らかの目的があって借入をするという利用方法が基本といえそうです。

 

フリーローン・カードローンの絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関