年金受給者でもフリーローンは利用できる?

フリーローンは手軽に申し込むことができるということから各方面から高い人気があります。但し、誰でも無条件に利用できるわけでもなく、利用にあたっては一定の条件が設けられている場合がほとんどです。例えば、

 

 

注意が必要なのが「年金受給者」の場合です。


フリーローンの利用にあたり、設定されている条件のひとつに「安定した収入を得ていること」というものがあります。毎月一定の収入が見込める会社員などであればこの点については特に問題はありませんが、年金受給者の場合は給与収入がありません。

 

 

年金だけじゃ生活するのに精一杯じゃ。


確かに年金受給者であれば毎月年金が入ってくるので「安定した収入」と考えることもできるのですが、フリーローンの利用については利用先によって判断が異なるところです。

年齢もネックになる

まず最初に確認しなければならないのは「年齢」です。日本では現在年金を受け取ることができる年齢として65歳以上となっていますが、65歳までが利用可能な年齢制限として設定されているフリーローンの場合はを利用することはできません。

 

このあたりは20歳以上65歳未満を融資対象としているフリーローンが多い事も周知のとおりです。

 

 

65歳以上で年齢制限内だから利用できるじゃろ?


銀行系以外の利用先としては消費者金融も選択肢となりますが、消費者金融の場合は銀行系にくらべると年齢制限の幅をとっているところが多く、70歳迄をひとつの基準としています。

収入と支出とのバランス重要

では70歳までであれば問題なくフリーローンが利用できるのかといえば次に問題となってくるのが、収入と支出とのバランスです。年金だけを収入としている場合は、

 

 

消費者金融では審査を通過するのは困難


です。更に他の業者を利用して既に借入などを受けているということであれば、年金受給者の場合収入が限定されているため審査を通過できる可能性はゼロに等しいといっても良いでしょう。フリーローンの審査でもうひとつ確認されるのが「年金以外の収入」です。

 

例えば、年金以外にアルバイトなどで副収入があるのであれば、消費者金融のフリーローンを利用できる可能性もでてきます。一部の銀行系カードローンでは年金受給者の利用が可能なところもありますが、公的機関で借りる事も選択肢のひとつです。

 

但し、年金を担保とし、連帯保証人も必要となる為、一般的なフリーローンとは全く性質の異なる貸付です。

 

フリーローン・カードローンの絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関