正社員だからフリーローンの利用は問題ない?

フリーローンを利用するためには安定した収入を毎月得ていることが重要となります。そのため、毎月「給与」という形で収入を得ることができる会社員の場合はフリーローンの審査でもかなり評価が高い立場といえます。

 

 

会社員だから余裕でしょ!


とはいえ、フリーローンの審査は会社員だからといって必ずしも通るとは限りません。会社員であってもフリーローンで融資を受けることができない可能性は少なからずあります。

 

 

お前って楽観的だなぁ・・・他に借金はないのか?


まず、最も多いケースといえるのが「既に他社から多額の借入を受けている」という点です。フリーローンの審査では収入の安定性もさることながら、既存の借入とのバランスも重視されることになります。

既存の借入とのバランスとは?

仮に年収が500万円あったとしても、他社からの借入残高が200万円ほどある場合にはさすがに新たな借入を増やすことははばかられるでしょう。

 

 

あるよ。100万円程・・・


 

お前、そんな状態で申し込んで返済できるのか?


また、フリーローン業者からすれば既にそれだけの融資を受けているという状態では融資を行ったとしても返済されないのではないかと不安になります。会社員といえども、返済能力が不安だと判断されてしまった場合には融資を受けることはできないのです。

 

 

お前、それにウチへきて未だ1年も経ってないじゃないか!


勤続期間も重要視される

同様に返済能力が不安視される要因となってしまうのが、勤続期間が短い場合です。会社員として勤めているものの、まだその会社に入社して数ヶ月という状態では、フリーローンの審査ではやはり評価は低くなります。

 

この場合は既存の借入がなかったとしても、入社して間もないという状態ではまだ信頼性が低いということになり、

 

 

会社員であっても審査に通ることが難しいってことだよ。


 

まぁ、200万も借金している先輩には言われたくはないですけどね!


では現在借入を受けていない、入社してある程度の期間が経過しているという場合であれば問題ないのかといえば実はそうとも言い切れません。ここで問題となってくるのが「過去に利用したキャッシングの実績」です。